車両販売・板金・車検なら車検専門店RAKUDA│宮城県

車検のみならず車の販売や板金などお客様に満足いただけるよう少数精鋭で取り組んでおります。

ホーム ≫ 中古パーツ・タイヤ ≫

中古パーツ・タイヤ販売について

中古パーツ(取り扱い商品・メーカー)

中古・リビルト・社外新品、取り扱います。
オーディオ、ETC各種、取り付けいたします。
マフラーやバンパーなどの外装中古部品はもちろん、エンジンやオルタネータなど、
「新品は高いな…」「中古でもいいから、低価格で…」とお考えのお客様には、リビルト品や中古部品もご提案し、お探しいたします。

もちろん、全メーカー(トヨタ、ホンダ、ニッサン、マツダ、ダイハツ、スズキなど)に対応します!

中古パーツと市場価格

自動車部品は大まかに4つに分類できます。

1:純正新品

部品メーカーがトヨタや日産といった自動車メーカーに納入してディーラーなどで購入できる。

純正新品 品質に優れるも価格は高い

2:社外新品

純正部品を作ってる部品メーカーが、自動車メーカーに納入せずに『自社オリジナル品』として
販売したり、海外の工場でのいわば『コピー品』として作られ販売されるものがある。
実際は、純正部品と同じものや、ほぼ同等な品質のものが安いのがメリット!

社外新品 良質で純正部品より安い

3:リビルト部品

壊れた部品の、壊れた部分や劣化した部分をリフレッシュさせたもの。
見た目には新品と変わらないくらいキレイ♪
『新品に近い品質を安価に』がコンセプト!
いわば、新品と中古の間みたいなもの。

リビルト部品 新品と中古の間の価格

4:中古部品

廃車や事故車から、使える部品を取り外したもの。
実際走行していた車から部品を取り外すので、色々な部品が揃うのが嬉しい。
しかし、あくまで中古部品なので傷があったり、電子部品等はいつまで寿命が持つのかは
[神のみぞ知る!?]といった注意点がある。

中古部品 純正新品の概ね半額

中古パーツ・注文からご購入までの流れと注意事項

注文から購入まで

各パーツを購入の際は、直接ご来店いただくか、車検証をお手元にご連絡ください。
中古パーツの場合は、部品を探し、見つかり次第ご連絡いたします。
社外新品・リビルト品に関しましては、在庫を確認してご連絡いたします。
その後、お車を入庫していただき、部品の交換修理をして、ご精算後にお車の引渡しとなります。

取付は自分でするのでパーツだけ購入!というお客様も大歓迎です!!

購入後の保証に関して

「社外新品、リビルト品」
物によって若干の違いはありますが、1年~2年保証です。

「中古部品」
保証はありません。
走行していた車から部品を外しているので、もちろん傷がついてることもあります。
電子部品などは、寿命がいつまでかという明確な判断はできません。
ぞの分安価でだせるので、保証はありません。

タイヤ(取り扱い商品)

タイヤ販売

新品タイヤ・中古タイヤ、取扱います。
ご予算・ご要望に応じて、各種メーカータイヤをお探しいたします。

タイヤ交換

作業時間は、タイヤ交換10分程度。
タイヤ組み換えの場合は30分程度です。
※店舗によって若干違う場合もございます。
事前にご予約ください。

タイヤ・注文からご購入までの流れ

愛車のタイヤサイズご存知ですか?

新品タイヤの注文や、中古タイヤを探す際に必要なのが、タイヤサイズです。
愛車のタイヤサイズを知らないお客様は意外と多いです。
そこで、タイヤサイズの見方を、2通りご案内いたします。

その1

運転席のドアを開けると、写真の様にドアの内側に白いステッカーが貼られています。
ここに、メーカー指定のタイヤサイズと空気圧の数値が記載されています。
これでサイズがわかります。

その2

もう1つの方法は、実際に車のタイヤを側面から見る事です。
よく見ると図の様な数字が書かれています。これがタイヤサイズです。
これで、タイヤサイズはわかりましたね!
これがわかれば、後はそのサイズを、当店にお申し付けください。

タイヤ点検

タイヤの点検は自分でもできる!!

タイヤ保管

タイヤ交換時、タイヤの積み込みに苦労されている方、必見!!

当店のタイヤ保管サービスをご利用ください。

タイヤ交換時期に、重いタイヤの移動をすることなく、お車の入庫だけで後はお任せ♪
タイヤの保管場所は屋内なので、雨ざらしになる心配もございません!

※タイヤ保管サービスを行っていない店舗もございます。
※詳細は各店舗までお問い合わせください。

タイヤのアライメント測定調整

車体に対してホイールの位置、角度、方向がどのように取り付けられているかを確認し、調整をする事を「アライメント調整」と言います。
車を運転するときの「走る・曲がる・止まる」動作にはホイール・アライメントが大きく関わっていて、バランスが崩れると走行上のトラブルの原因になります。

アライメント調整が必要な状況とは⁉

例えば車高を変えた、足回りを調整した時、他には縁石に足回りをぶつけて車に衝撃が加わった後なども、アライメントの調整が必要になる可能性があります。

その1
  フラフラ運転になってしまう
  (ハンドルがぶれる、まっすぐ走らない、曲がりにくい、加速が悪い)
その2
  ハンドルのセンターがずれている
その3
  タイヤが片減り、偏摩耗している


運転していると「あれ?」と感じることがあるでしょう。そんな時はアライメント調整を検討しましょう。当店ではアライメント調整も承ります。ご予約制となりますので、気になる方は一度ご相談ください★ネット予約もOK‼

※アライメント調整は行っていない店舗もございます。
※詳細は各店舗までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら